主計町へ通じる趣のある小路「暗がり坂」と「あかり坂」
書いた人:

このエントリーをはてなブックマークに追加
あかり道

金沢の坂道愛好家の私いちがみが最初に紹介するのは、もちろん坂道。過去にはスマートフォンアプリなどをつくってしまうくらいの入れ込みようでした(参考:「そこに坂道があったから。」金澤の坂道シリーズをつくったきっかけ )。

WDF は、金沢市武蔵周辺で開催することが多いので、そこから歩いていける坂道を 2 つご紹介します。「暗がり坂」とその隣にある「あかり坂」です。武蔵の交差点からは歩いて 10 分ほどで行くことができます。どちらも、尾張町から茶屋街のある主計町(かずえまち)へ通じる趣のある小路で、坂道の上と下とでの雰囲気の違いを楽しむことができます。

暗がり坂

久保市乙剣宮より主計町に通じる小路を指し、日中も日の当たらない暗い坂道なので、この名で呼ばれています。暗闇坂ともいいます。「一番好きな坂道は?」としばしば聞かれますが、そのアンサー坂道です。


暗がり坂

暗がり坂

暗がり坂

暗がり坂

あかり坂

尾張町から主計(かずえ)町へ通じる「暗がり坂」に平行する坂です。2008年までは名前の無い坂道でしたが、地元住民からの依頼を受けて作家の五木寛之氏が作品の中で命名したそうです。


あかり坂

あかり坂

あかり坂

あかり坂

もっと知りたいという方は、金沢の坂道ウェブサイトをご覧ください。