WDF Vol.32 開催レポート

WDF Vol.32 イベントの様子

2018年12月8日(土)、「ビジネス成果に繋がるウェブサイトの 設計・構築・検証手法」をテーマに WDF Vol.32 を開催し、40名の方にご参加いただきました。ご参加の皆さま、講師の皆さま、ありがとうございました。

イベントの様子

データから見るSEOのトレンド2018/木村 賢さん


データから見るSEOのトレンド2018/木村 賢さん

データから見るSEOのトレンド2018/木村 賢さん

データから見るSEOのトレンド2018/木村 賢さん

データから見るSEOのトレンド2018/木村 賢さん

株式会社サイバーエージェントSEOラボ 研究室長の木村賢さん。貴重な研究データに裏付けされた最新のSEOに関する研究・分析は毎回人気が高く、今回で6回目のご登壇です。2018年のSEOの特徴からEATの詳細をお話していただきました。
欧米、日本での検索の穴やwikipediaに掲載すると数日で順位が上がった、などの興味深い内容のお話がありました。
そして実際のデーターを元に、これからの検索結果は今後どうなるかを、更にそれを元にどのようなことを行うと検索結果を上げる、下げることになるか、などもお話しいただきました。

参加者の感想
  • データに基づいた結果ということで、すごくおもしろい情報が聞けてよかったです!
  • SEOトレンドをかみくだいて説明してもらえたので分かりやすかったです。
  • 今年も有意義なセッションでした。wikipediaは視野に入れてなかったので今後意識したいです。

意図を満足させて行動を促すSEOコンテンツ設計/伊東 周晃さん


意図を満足させて行動を促すSEOコンテンツ設計/伊東 周晃さん

意図を満足させて行動を促すSEOコンテンツ設計/伊東 周晃さん

意図を満足させて行動を促すSEOコンテンツ設計/伊東 周晃さん

意図を満足させて行動を促すSEOコンテンツ設計/伊東 周晃さん

今回で3回目のご登壇の株式会社ぐるなびの伊東周晃さん。SEOのお話とコンテンツマーケティングの話題をベースにお話しいただきました。
キーワードが含まれていないページが検索結果で上位に検索されるという事例のお話しがとても興味深いと思いました。制作会社向けのお話しもしていただいたので、来ていただいた方たちも実際の業務で使用できるお話しだったのではないかと思います。
今まではいかにユーザーをつながるかを重要視していたが、今後はいかにそのつながった関係を持続させるかを考えて行かなければいけないとうお話をがとても印象に残りました。

参加者の感想
  • ユーザーのwebサイト閲覧時の心理、行動例が参考になりました。
  • 閲覧者のモードとカスタマージャータッチポイントのお話は事前で設計して自社で試そうと思いました。
  • インテントを意識した記事作りをようやく始めたとろこなので、とても参考になりました。

Web の現状・問題点と Accelerated Mobile Pages (AMP)/小川 安奈さん


Web の現状・問題点と Accelerated Mobile Pages (AMP)/小川 安奈さん

Web の現状・問題点と Accelerated Mobile Pages (AMP)/小川 安奈さん

Web の現状・問題点と Accelerated Mobile Pages (AMP)/小川 安奈さん

Web の現状・問題点と Accelerated Mobile Pages (AMP)/小川 安奈さん

グーグル合同会社の小川安奈さん。一度WDFでもセッションで扱ったAMPについてお話していただきました。
今までのwebサイトの問題点からAMPの利点や、最新の更新内容などもお話していただき、以前のAMPのセッションと比べてAMPを使用したことがある方も多かったので参考になった方たちも多かったのでは無いでしょうか。
これからも進化し続けるAMPの可能性などとても興味深い内容でした。

参加者の感想
  • AMP、気になっていたので取り掛かりに良い内容でした。
  • AMPの高速化には注目していましたが、たくさん機能が増えていたのは知りませんでした。是非使ってみたいです。
  • ユーザーを満足させるためにコンテンツ自体をいいものにしていくとの同様に、表示速度などのハードへのアプローチも大切なことを学べました。

Q&A


Q&A

Q&A

Q&Aでは今回も専用のフォームを使用して質問を募集したところ多くの質問が寄せられました。技術的な質問から、今後のSEOについてなど様々な質問が寄せられ、そのすべての質問に真摯にお答えいただきました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

開催レポート