WDF Vol.25 開催レポート

WDF Vol.25 イベントの様子

2017年3月11日(土)、「もうライティングで困らない!説得型ランディングページとアフィリエイター活用で売上アップ」をテーマに WDF Vol.25 を開催し、37名の方にご参加いただきました。ご参加の皆さま、講師の皆さま、ありがとうございました。

当日の写真

イベントの様子

住 太陽さん「理論があれば文才は要らない! CVRが必ず高まるランディングページ作成方法」


住 太陽さん「理論があれば文才は要らない! CVRが必ず高まるランディングページ作成方法」

住 太陽さん「理論があれば文才は要らない! CVRが必ず高まるランディングページ作成方法」

住 太陽さん「理論があれば文才は要らない! CVRが必ず高まるランディングページ作成方法」

住 太陽さん「理論があれば文才は要らない! CVRが必ず高まるランディングページ作成方法」

WDFではおなじみの住太陽さん。住さんと言えばSEO、というイメージが強いですが、今回は、サイトの目的によってSEOにも向き・不向きがあり、売れるサイトを目指すならコンバージョンを上げるためのサイト運用が重要である、ということで「ひたすらに売れるサイトを目指す」ために何をすべきか、お話しくださいました。

ユーザーを説得し行動させるための文章構造、配慮すべき要素などの実践的なロジックは、すぐにでも既存ページの見直しに役立たせたいものでした。なかでも印象的だったのは、訪問者の「思考や集中力を切らさない」「時間(訪問)を無駄にさせない」ことへの配慮。ユーザーを見つめ続け、ユーザーの満足(快、幸せ、目的達成)を真摯に追求し続けることが、成果へとつながるのだなと感じました。


参加者の感想
  • 大切なことをわかりやすくお話しくださりありがとうございました。さすが住さん!という内容でした。
  • CVRをあげるために何でもSEOの対策を行うことが良いわけではない事が分かりました。
  • LPの重要性や作る際の考え方、注意点を学べて良かったです。今後のLP制作に取り入れて価値あるページ作りを心がけたいです。
  • 自社のランディングページの構成を見直すきっかけになった。
  • クエリの種類については、薄々気づいてはいてもはっきり判断できていませんでした。ここはこれから気をつけるべきだと思いました。
  • 過去のおさらい的な内容も含めて、楽しくお話しをうかがうことができました。
  • わかりやすく試そうと思いました。

鈴木 珠世さん「アフィリエイターを味方につけて売上を拡大する集客方法」


鈴木 珠世さん「アフィリエイターを味方につけて売上を拡大する集客方法」

鈴木 珠世さん「アフィリエイターを味方につけて売上を拡大する集客方法」

鈴木 珠世さん「アフィリエイターを味方につけて売上を拡大する集客方法」

鈴木 珠世さん「アフィリエイターを味方につけて売上を拡大する集客方法」

ネットショップ担当者、2社のASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)、広告代理店とキャリアを積まれ、現在はフリーでアフィリエイトコンサルティングをされている鈴木珠世さん。参加者にはアフィリエイト初心者が多いなか、広告主として押さえておきたいポイントを分かりやすく紹介してくださいました。

「アフィリエイトでは広告主は選んでもらう立場」ということで、選んでもらうための具体的な活動、アフィリエイターとの関係の築き方など、広告主・仕組みを提供するASP・アフィリエイターという3者の立場が分かる鈴木さんだからこその丁寧な視点で、貴重なノウハウを教えていただきました。

参加者の感想
  • いまいちアフィリエイトに対して理解が足らなかったので、大変ためになりました。広告主が選ばれる側なのに驚きました。
  • 広告主とアフィリエイターの関係の部分について新しい発見がありました。ASPの開催するイベントにも興味を持ちました。
  • アフィリエイトという言葉は知っていたものの、仕組みを全く知らなかったので、その部分が知れて良かったです。
  • アフィリはリスティングに比べてもまだマイナーなイメージが強い気がしますが、使いようによっては伸ばせそうですね。

坂本 圭佑さん「成果をだす販売施策を立案するためのUXデザインワークショップ」


坂本 圭佑さん「成果をだす販売施策を立案するためのUXデザインワークショップ」

坂本 圭佑さん「成果をだす販売施策を立案するためのUXデザインワークショップ」

坂本 圭佑さん「成果をだす販売施策を立案するためのUXデザインワークショップ」

坂本 圭佑さん「成果をだす販売施策を立案するためのUXデザインワークショップ」

DMM mobile、DMM英会話など複数の事業部にてユーザー調査&分析を実施されている株式会社DMM.comラボの坂本さん。住さん・鈴木さんのセッションでの共通したキーワードであった「ユーザー」について掘り下げるための手法として、UXデザインワークショップを実施してくださいました。参加者の皆さんは、2人1組でインタビューしあい、ユーザー調査と簡易的なペルソナ作成、ジャーニーマップの作成、さらに課題を解決する施策立案までを体験しました。短い時間でしたが、利用者の体験にフォーカスし解決のための施策を考えるワークは気づきも多く、参加者同士でのインタビューや施策の評価も盛り上がっていました。

参加者の感想
  • 非常に楽しかった!身近な出来事から、サービス・商材の改善施策が見えるのが良かった。ユーザビリティの改善に親しみをもてた。
  • インタビューはやってみると意外におもしろいものでした。もっとユーザーとの接点は持つべきだと感じました。
  • 本人にとって完結している話が、何かの改善等になることの面白さを感じました。
  • ワークショップをやってみてUXデザインの作り方が少し分かりました。
  • 自社でやってみます。

イベントを終えて

今回、サイトの目的を達成させるために「誰をターゲットにして、何を、どのように伝えるか」を、イベント全体を通して考えました。住さん、鈴木さん、坂本さんのセッションで共通していたのが、改善や運用を「続ける」ことの大切さと、「人」への誠実さでした。シンプルながら、サイト制作者・担当者として大切なことを改めて感じた1日となりました。

参加者の感想:イベント全体
  • 面白かったです。それぞれ90分枠でしたが、長く感じることなく過ごせました。
  • ターゲットに適した広告をつくること、そしてその広告を運用していくことの知識からさらに「ターゲット」を深掘りし、理解を強める三段式だった。それぞれのセッションの関連性が高く、充実した内容だったと思います。

さいごに

次回WDF Vol.26は2017年6月10日(土)に開催します。イベントの詳細は、5月中旬に公開する予定です。6周年をむかえるWDFにぜひご期待ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加